B型肝炎とは?

B型肝炎の感染を予防するには?

B型肝炎の予防接種は不活化ワクチンと言ってB型肝炎の成分によって免疫を高める方法を使います。B型肝炎の予防接種をしても、しばらく経つと抗体が下がってきてしまうので、1回だけでなく何回か接種する必要があります。

 

B型肝炎の予防接種は、B型肝炎ウイルスを持っている母親を持つ乳児のみ保険診療で受けることができますが、それ以外は任意接種になるため全額自費負担になってしまいます。母親がB型肝炎ウイルスを持っていた場合、その子どもの体にB型肝炎ウイルスが入らないようにしなくてはいけないので、生後48時間以内に免疫グロブリンを注射します。

 

その後、生後1カ月になった時にB型肝炎の検査をして、ウイルスに感染しているかどうかを判断します。この時、B型肝炎ウイルスに感染していなかったら、B型肝炎ワクチンを接種して、その後も生後2カ月、3カ月、5カ月と接種します。生後6カ月になったら、B型肝炎に対する免疫ができているかを検査して確認します。

 

B型肝炎の感染を調べるには、B型肝炎検査キットを利用すると便利です。最近では、病院に行かなくてもインターネット通販で、B型肝炎検査キットを購入できるので、検査がとても簡単になりました。

 

参考になるサイト B型肝炎 検査キット